ビックが右アッパーカットでダフィーにTKO勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 217:ジェームズ・ビック vs. ジョー・ダフィー【アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク/2017年11月4日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 217:ジェームズ・ビック vs. ジョー・ダフィー【アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク/2017年11月4日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月5日(日)、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでUFC 217が開催され、ジェームス・ビックとジョー・ダフィーのライト級マッチが行われた。

ジャブで有効打を重ねたダフィーはビックに対するボディキックもヒットさせるなど積極的に攻めていく。一方、ビックは第1ラウンド残り1分を切ってダフィーにテイクダウンを取られたものの、それを退けてミドルキックを見舞っている。

第2ラウンドもダフィーがプレッシャーをかけ、ハイキックを打ち込んだが、ビックは“効かない”と言いたげな表情だ。ワンツーやジャブ、足技などで打撃を応酬した後、ラウンド終了10秒前の合図を聞いてビックが右のアッパーカットを放ったところ、ダフィーがまともに食らってしまい、ダウンを取られる。そのままパウンドで攻めたビックに対し、防戦一方のダフィーを確認したレフェリーが試合を止めた。




ライト級マッチ 5分3ラウンド
○ジェームス・ビック vs. ジョー・ダフィー●
2ラウンド(4分59秒)TKO

ジェームス・ビック


「コーチと一緒に映像を研究してきたんだ。ボクシングのスタンスがすごくうまかったけど、アゴにスキがあった。たぶん相当きつく傷めたんじゃないかな。だから、スキがあるうちにフィニッシュしないといけなかったんだ。UFCで8勝1敗。UFCでこれだけの戦績を持っているのにランキング入りしていないのは俺だけだ。みんな、俺と戦うのをビビってんだろ。ポワリエとペティスの勝者とやりたい。2月18日のオースティンだ。やろうぜ!」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY